狭い部屋でも広く見せる、真似したいアレンジ術!まとめ

リビングが狭かったり、あるいはマンションやアパートの1Rなど、狭い部屋でも広く見せれるアイディアがあります。そんなアイディアの数々を御紹介します。

例えばソファなどの場所をとる家具は、置いてあるだけでお部屋全体を狭く感じさせてしまいます。このように一人用のソファチェアなどをおけば、広く感じられ、導線も確保されるので便利ですね。

お部屋のアクセントに雑貨を飾ってみたいけど、どうしても雑貨を置いたりすると狭く見えがち。このように同じ大きさのフォトフレームを規則的に配置して一箇所飾れば、目を引くポイントにもなり、狭さをカバーできそう。

コンクリート打ちっぱなしの部屋は、どうしても圧迫感がありますね。ソファやセンターラグなども、同じ色のグレーで統一するだけで、こんなに広く感じられます。

www.houzz.com

白を基調としたお部屋は広く見せる効果が絶大にあります。こんな風にカラフルな家具などを置いたり、アクセントウォールをかざっても、広く感じられていいですね。また、天井も白なので、上の空間も圧迫間が全くなくおすすめです。

白いお部屋は広く見えるけど、何かアクセント不足になりがち。でもより広く見せたい、という方は、暗めの色のコーディネートをおすすめします。癒し効果もありそうですね。

eiglatson.wordpress.com

壁の一面だけ色を変えてみると奥行きが広く感じられ、広く見せる効果が。壁の色を変えれなくても、大き目の、色や柄物のファブリックを固定して貼ったり、飾ったりするといいかもしれません。

www.maisononline.ca

横張りの板壁や、横縞模様のストライプの壁紙など、横のアクセントを取り入れることで広く見せる効果があります。がらっとイメージチェンジもできていいですね。

センターテーブルをダイニングテーブルにしちゃえば、お部屋を広く使えます。ダイニングスペースがなくても、ダイニングが完成。すぐにできて、是非真似したいアイディアです。

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.