蒸れないウォールナットの無垢材で作ったベッド

無垢材とは加工していない天然の木材そのままの姿の事で、ウォールナットはブラウン系の落ち着いた色合いをしています。ベッドのような大型家具を作るときには木目を生かすと美しいのですが、その分高価になる傾向があります。

ウォールナットの色はブラウン系で室内を落ち着いた雰囲気にしますが、使い込むほど色に深みが増します。その上、強度があるのでベッドには適した木材なのです。世界三大銘木のひとつに数えられていて、他はチーク、マホガニーです。

寝具選びには気を使いますが、布団は部屋を有効に使用できる反面、毎日の上げ下ろしがめんどうなこともあります。特に高齢になると足腰に負担がかかるので、日本人でもベッドに変える人が増えています。ウォールナット無垢材は和風の部屋でも合うのが特徴です。

1 13d.hatena.ne.jp

ベッドはマットレスが付属しているタイプとフレームのみのタイプの2種類に分けることができます。ウォールナットの無垢材は重厚な趣がありますので、どちらのタイプにも利用されているのですが、通気性を考えるとフレームタイプがよいでしょう。

0 00e-yamatoya.com

ベッドを購入する時にフレームタイプを選ぶ場合には、木を知り尽くした家具職人が作った製品を選ぶと安心です。ウォールナットは高価な木材ですから、特徴を最大限に生かして日本の気候にマッチしたベッドになっているはずです。インテリアと実用性を兼ね備えたベッド選びの参考にしてみてはいかがでしょうか。

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.